スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風凛と、はるり銀花へ

先週末は川越の一番街のほうまで出かけました。
市立美術館がお目当てだったんですが、意外と寒かったので
一番街の入口のあたりにある旧田中屋美術館でのランチに変更。

知らないうちに出来ていたお寿司屋さん、風凛です。
細い路地を入ってゆきますと、古民家風の佇まいに




埴輪さんがお出迎え。夜になったら目が光る…ってこたないか。

窓際の二人席に通して下さいました。
小さなお庭にししおどし。レトロなガラス戸も良いかんじ。
夫が握り鮨ランチ、私がちらし鮨ランチを注文。
それぞれお茶とナメコのお味噌汁のほかに、握りには前菜、
ちらしにはサラダが付きました。サラダは川越らしく芋チップ入り。
とても美味しかったです。ちらしは結構ボリュームがあり、お魚もぷりぷり。
お店のかたもとても丁寧で、帰りは玄関まで見送って下さいました。恐縮です。

はるり銀花さんにも立ち寄りました。
以前、こちらでの企画展で野村レイ子さんの、ろうけつ草木染めの
木箱を購ったことがあり、折りしもまた素敵な小箱の作品が
展示してあったのでお店のかたにお話を伺うと、とても人気があって
現在はすべて予約対応なのだそうです。むべなるかな。
なので、お店に行く前に電話で在庫や予約状況など確かめたほうが良いですね。
次回の企画展はとうぶん先になるそうですが、絶対また行きます。

ブログには書き忘れましたが、去年その企画展で購入した小箱さんたち。
裏梅と麦。小物入れと爪楊枝入れとして使っております。



クスノキでできていて、蓋を開けるとやさしく香ります。
色付けは自生している野草から。うーん、ほんとうに素敵だ。
ときどき意味もなく開けたり閉じたり眺めたりしています。
もうひとつ買いましたが、それは大切なかたへの贈り物にしました。

そんでもって、竹久夢二のポチ袋と一筆箋を買って帰りました。






色もデザインも格好良い! ひとめぼれでした。
夢二はこういう絵も描いていたのですね。知らなんだ。渋い。
調べたら、港屋さんというところで通販もあるみたいです。


それにしても今日は花粉が凄い。鼻セレブを押入れから引っ張り出してきました。


************
3月1にメッセージ下さったKさま。
いつもお励まし下さってどうも有り難うございます。天才も壁にぶつかるのですね…況や私のような凡人をや。仰せのように色々好きな物を見聞きして気楽に楽しみたいと思います。
3月1日の19時と、2日の18時、23時に応援ポチして下さった方、どうも有難うございます!

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。