スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zepp Tokyo 2日目

金曜日、エレカシのコンサートに行ってきました。
スタンディングっていうのですか、椅子の無いところだったのは初めてで、
ちょうど背の高い人がたくさんいるあたりになっちゃったんで
ほとんどステージは見えなかったんですが、熱いライブでした。

なぜか「さよならパーティ」でグッときてしまって、涙が出てきました。
宮本さん本体は見えなくても頭上からスポットライトが当たっている様子、
出だしの「♪消えないココロの古キズに染みるぜ~」の声や演奏でもう視界が滲む…
そして、たしか「誇れるモノが今は無くってもいい」の後だったと思うんですが、
歌詞にない「大丈夫だよ」という宮本さんの言葉。思い出してもまた泣けてきます。

あとは、武道館でやるかなと密かに期待してて見事外れた「太陽の季節」を聴けて嬉しかったです。同じアルバムの「絶交の歌」も話の途中で突然歌いだされたので、うわーこれも聴ける!と歓喜したんですが、こちらは「今宵の月のように」の紹介のためだったようでホントに一節しか聴けなくて、そこだけは残念でした。全部聴きたかった。

しかしそもそもコンサートが開催されて参加できる、それだけで有難いことだなと思います。
また明日から次のコンサートに行けるように頑張ろう。

「貴様はいつも口だけで ああ何もできねえ 貴様 今までに何をしてきた」(絶交の歌より)


************
21日4・21時、22日、23日にweb拍手押して下さった皆様、どうも有難うございます!

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。