スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずっと気になっていて

面白そうだなと思いつつ、手を出さぬままこの歳まで来てしまったもの。
和算、算額、『塵劫記』。
ここ川越のいくつかの神社にも算額が奉納されているらしいので、
いつか見たいなと思いつつ、博物館での展示にも行きそびれ。

それからもう一度見たいもの。
板碑。
石の板でできた塔婆でして、以前県立博物館で見たものは
ものすごく大きくて(レプリカだったのかな?)圧倒されました。
板碑は埼玉には27000基以上、川越にも1000基以上あるらしい。
なので普通?の大きさのは喜多院とかでも見た気がするんですが、
大きいのをもう一度見てみたい。
日本最大と言われる長瀞の5mのも、そのうち見に行きたいなあ…


************
4月2日に応援ポチして下さった方、どうも有難うございます!




| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。