スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇れる太陽!

今日Amazonから届きました、エレファントカシマシ18枚目のアルバム、『昇れる太陽』!
宮本さんが最近のインタビューで「循環」というキーワードを好んで口にされるように、
過去から未来へ向かって自転と公転をぐるんぐるん繰り返し振り回す楽曲群です。

全11曲のうち、5曲が既聴(って言葉あるのかな?)。
なので初聴きの6曲の感想をちょっと備忘のために書きます。
(ハナウタは武道館やアコギバージョンでも聴いてますが、アルバム版はまだなので)

「Sky is blue」洋楽っぽい乾いた音で、渋くて格好良いです。

「ハナウタ~遠い昔からの物語~」は、SPACE SHOWER TVでやったアコギ弾き語りのちょっとマイナーっぽい?音にグッときて涙が出るほど感動したのですが、アルバムのほうは明るくて華やかで優しくてメジャーなかんじで、また違った魅力があって素敵です。歌詞もストレートで好きです。

「あの風のように」寄せて返す波のよう。最後の台詞が宮本さんらしいです。

「おかみさん」は、宮本さんの好きな日本の曲ベスト1「与作」へのオマージュか。20世紀は与作が木を切って、21世紀の最後はおかみさんが布団を干す。宮本さんの描く21世紀末の風景が面白いです。間奏のポトンポトンという音は、洗濯物から滴る雫のよう。ギターも格好良いです。

「ジョニーの彷徨」はジョニーの咆哮でもあるのかしら。
ちょっと物悲しいわらべうたのようなメロディーに、力強い歌詞。

「ネヴァーエンディングストーリー」も、どこまでも高く突き抜ける透明な青空が、青すぎて涙が出るような、とても切なくて悲しいメロディーです。これを聴いたらわけもなく沈んでしまったのですが、次に置かれている「to you」のお陰で救われました。曲順の妙です。

 MUSICOというサイトで試聴&ダウンロードできます→昇れる太陽

***
太陽といえば去年から黒点が異常に少なくなって、
一つも観測されない日が続いたりしてちょっと恐ろしいのですが、
大丈夫なんでしょうかね…

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。