スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直なミシンが欲しいのだ

一気にあれもやろうこれもやらねばと焦るから、結局何にも進まない。
これから山積している様々のことをすこしずつ片付けてゆきます。
と思うのも多分今日だけ。続かないに決まってます。

なんですが、まずは手芸に手をつける。
布の中から、ちょうど良さそうな大きさ分だけ残っていたのを探し出して、ボックスティッシュのカバー(壁に掛ける)と、おそろいのランチョンマットを縫いました。

茄子柄

直線のみなので型紙も要らず、すぐに終わる…はずが、安ミシンがまたしても不調。低速以外を使うと止まってしまう。突然曲がる。下糸が絡まる。買ってすぐあたりにも上糸の調子が悪くなって、いったん修理に出し、しかし異常無しで帰ってきた代物でございます。いやいやいや、ホントにおかしいんです。上糸の調子とか針とか糸の太さとかちゃんと確認して、特別厚い布を縫っているわけでもないし、同じ布を同じ糸で縫っているにもかかわらず、突然変な音がしはじめる。しかしまた修理に出すのも恥ずかしいし面倒なので、騙し騙し使ってます。

ということで、次に買うときはすぐにヘソを曲げない、真摯に働くミシンを引き当てたいものです…

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。