スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏椿

夏椿

沙羅双樹しろき花ちる夕風に人の子おもふ凡下のこころ (与謝野晶子)

◆訳:沙羅双樹の花が散る夕方の風にも、俗人の私はあのかたを想ってしまうのです。
◆解説:お釈迦様が亡くなったとき、鶴のように白く枯れたという沙羅双樹の木。なんですが、沙羅双樹は日本には生えていませんし(一部植物園などで栽培されているようですが)、花は薄い黄色。おそらくは、混同されがちな「シャラノキ(夏椿)」のことを歌っているようです。夏椿は白くて薄い花びら、散るというより落ちる感じです。
◆参考文献:『与謝野晶子歌集

今日も夏椿の花は咲き、散っていました。
散れば実はなるし、また別の花も咲きます。
明日も明後日も、来年も。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。