スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣鐘草



蟻の寄り釣鐘草のうつぶせに (加舎白雄)

地面間際に咲いている釣鐘草に、蟻がつぎつぎと登ってきて塊でも出来ているのでしょうか。

キキョウ科の草で、蛍袋ともいいます。花の中に蛍を入れて遊んだことからそう呼ばれるようになったとか。実際やってみたことはありませんが、なんとも風流な遊びですね。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。