スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



蓮葉のにごりに染まぬ心もてなにかは露を珠とあざむく
 (僧正遍照)

写真は、去年の今頃に撮ったものです。今年は見に行く前に台風が来てしまったので、もう無理かもしれません。蓮の花はびっくりするぐらい大きくて厚くて立派です。何でも、咲くときに「ポン」と音がするとか。一度聞いてみたいものです。

◆訳:蓮葉は泥中でも美しい花を咲かせる清い心を持ちながら、なぜ露を宝珠だと見せかけるのか。
◆解説:蓮の生えている水の濁りと、水晶?のような露の澄んだ美しさとの対比。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。