スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法師蝉

秋風に増えては減るや法師蝉 (高浜虚子)

毎年甲子園の頃になると、ツクツクボウシが鳴きはじめます。
あの鳴き声は、アブラゼミやミンミンゼミと違ってなんだか切ないです。たぶん、夏も終わり近くに鳴く虫だと体験的に知っていて、切なくなるんだなと思います。蜩(ヒグラシ)は、近くなのに遠くで鳴いているような声の響きで、また少し違う物悲しさがあります。これも秋の季語ですが、じつは六月末には既に現れているセミなんだそうです。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。