スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名月

あらし吹く草の中よりけふの月 (樗良)

おそらく、藤原良経「行く末は空もひとつの武蔵野に草の原よりいづる月影」の影響下に詠まれた句のように思います。この句の嵐とは、月が出ているくらいですから、台風一過の強い風みたいなものでしょうかね。激しく風に揺れる草の中から、鏡のような月が静かに上る。地上と天空の動と静のそんな対比が面白くもあります。

実際に今夜撮影した名月は、赤みを帯びていました。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。