スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小村雪岱

川越出身の画家に、小村雪岱というひとがいます。
わたくし結構好きでして、川越の田中屋美術館で実物を見たり絵葉書を買ったり、古本の7,000円以上する画帖を買っちゃったりしたものの、最近は忙しさにかまけて画帖を開く事もなくなっておりました。が、きのうの教育テレビ「新日曜美術館」の泉鏡花特集で取り上げられているのを見て、雪岱熱が再燃しちゃいました。

あの色と構図がとっても好きです。
雪岱えがくところの美人は頭が重そうで正直あまり好まないのですが、たてものとか木の枝とかの具合がサッパリしていて、灰がかった色彩も江戸情緒たっぷりで、じつにいいです。あんなふうに描けたらどんなにかしあわせだろう。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。