スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の歌百選

文化庁などの主催で選出された「日本の歌百選」(実際には101曲)。
うーん、中途半端に迎合して歌謡曲を入れるより、唱歌童謡だけとかにして欲しかったです。
でも、朧月夜も海(松原遠く…のほう)も浜辺の歌も雨降りお月さんも荒城の月も、
ほかにもたくさん好きな歌が入ってる☆と嬉しくなりました。
悲しいだの嬉しいだのといった空疎な心情語なんざ使わなくても、
情景が描かれていれば十分人の胸を打つんです。

それから、歌会始があったのをすっかり忘れてて、そろそろニュースの時間かなと
TVをつけたらちょうど皇后陛下と天皇陛下のお歌を拝聴できたので良かったです。
異なった情況でのお歌であるものの、相聞の如くお心が通い合ってらして胸が熱くなりました。

気になったのは、招待客?のおじさんたちがやたら落ち着きなく前方を覗き込むようにしていたこと。
儀式の様子が気になるのは分かるけど、いい大人なのに非常にみっともないと思いました。
長時間座ってて腰が痛いから伸ばすとかそういうんなら仕方ないけど、明らかに物見高い様子なんだな。もう。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。