スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーブか薬草か

このあいだ、『タッジー・マッジー』全三巻を読んで、
あーハーブっていいなー、とカブレてしまいました(すぐ影響を受ける)。
で、ハーブティーのネットショップをぼんやり見てましたら、
小学生の頃も一時期やっぱり何かの影響でハーブにはまってたのを思い出しました。

レモンバームの種を買ってもらって、大きくなったので葉っぱを摘んで
庭に干していたら風で全部飛んでしまった事とか。
ペパーミントがやたらはびこってしまった事とか。

あの頃はポプリも好きで、タンスに入れたりカゴに入れて飾ったりと
今思うと恥ずかしいぐらいオトメな事をやってました(そのくせ時代劇も好きだった)。
ポプリに虫が湧いて熱が冷めましたが。

ここ数年我が家では、ローズマリーとイタリアンパセリとルッコラとサルビアと…
確かそんな程度ですが母親が育ててるような…見たり食べたりした記憶がある。
そのままお庭の一角をハーブガーデンに、というのも悪くないですな。

ただ、日本の風土や日本人には在来種の薬草のほうが合っているのかなって気もします。
その辺のところもちょっと勉強したくなったので、ハーブと薬草、どっちの本を買おうかな、
と迷ってたら夫に「薬草って苦そうだよ~」と言われました。良い事言った!
確かにハーブティーより薬草茶のほうが味の敷居が高そうです……。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。