スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川越行幸の2

昨日、天皇皇后両陛下ならびにスウェーデン国王王妃両陛下がお出ましになりました。
きれいに晴れ渡って、桜も咲き初めて絶好のお日和。
前日に近所の友達から詳しい日程を入手し、動けないほどたくさんは見に来ないだろうと
高をくくって母親と10時半頃行ってみたのですが、もうすでに本川越駅周辺はびっちり。

何だか分からないまま人の波に押されて、スタバの前辺りで行き止まり。
何にも見えません。しばらくすると右手から歓声が上がり、だんだんその歓声が近付いてきて、
頑張って覗き込んだら人と人の隙間から王妃さまの御髪が見えました!

そして、はしたないと言うか本当は大変失礼な行為だと思うのですが、
思い切り腕を伸ばして闇雲にシャッターを切って、後で確認したら……
天皇陛下がホントに恐れ多い事に真ん中にばっちりと……。

次に時の鐘付近へ移動しようと思ったのですが、車道の左側は人の通れない状態だったので、
山崎美術館のあたりから移動のお車をこれも人垣の中からお見送り。
ややあってマイクロバスも続いたので、後ろのほうで「何だ~市会議員かよ」の声が(笑)

これ以上近付く事は出来ないので(朝から陣取ってる人がたくさんいました)、
裏道を通って行ったらこれまた時の鐘手前で行き止まり。
もう少し奥で行き止まりにしてくれたらそこから拝見できたのに。

しかたなくUターンして、途中で友達と合流、市立美術館付近を目指して歩きました。
暑い中歩いてようやく美術館が見えてまいりましたが、案の定既に人の山。
入り口付近は諦めて、手前のカーブの辺りで待ってみることにしました。

これが大正解で、警備の人の説明があってしばらく後、目の前をお車が通り過ぎました。
…私は母と友達にプレッシャーを掛けられてカメラ担当…よって、ご拝顔も適わず…
写真もぶれてしまって…やっぱり写真なんか撮っちゃだめですね。バチが当たりました。
二人の話によると、美智子様は雪のように白くてお美しかったそうです。うわーん(涙)
でも、周りで一緒に見てたおばさんたちがみんな和やかでいい人たちだったんで良かったです。

空腹でちょっと不機嫌になりながらお蕎麦屋さんをめざし、やっとのことでご飯にありついて、
どっと疲れが出たので帰ることにしました。
帰り道喜多院辺りを通ったら、そこもやっぱり人人人でした。
暑いは足が痛いはで大変な一日でしたが、同じ空気を吸えて幸せな気持ちになりました。

帰宅後。花見に行ってた父親によると、水上公園に機動隊がたくさん待機していたとか、
友達のお母さんによると、銀行の上で射撃隊?のような人が護衛してたとかの、
ちょっと物騒なかんじのエピソードを聞きました。そういえば警備の人もたくさんいたし、
お車が通る辺りは看板など撤去され、花も植えられとてもきれいになってたし、
陰でたくさんの人が頑張ったんですね。お疲れ様でした。

今朝の新聞には、本川越駅に2200人、市内各所で計27000人の市民が出迎えた、
みたいに書かれてましたが、実際はもっとたくさんいたように感じました。
それから、両陛下は30年前にも川越にお越しになっていたのですね。
30年前を懐かしく思い出されて、少しでも皇后陛下の御心がお休まりになりますように。
スポンサーサイト

今更ながら梅の絵

もう桜も咲いているのに梅の絵をやっと描きあげました。
構図はそのままで、今の描き方で描き直しました→春の絵1
(古い絵が表示される時はキャッシュが残っているせいなのでリロードしてみて下さい)

と言ってもあまり納得いかない出来です。
時季をはずさないように、という焦りだけで仕上げました。

今年の桜は…

お彼岸の頃に桜が咲いてしまうなんて、ちょっと気持ちが悪いです。
川越でも、種類によっては咲き始めています。
去年は結婚式でお花見どころではなかったので、
今年はちゃんと(?)観桜の宴といきたいところです。

ちなみに川越の花見ポイントは、やっぱり喜多院と連馨寺あたりでは
ないかと思います。桜が並木になっている公園もたくさんありますが、
お寺と桜の取り合わせはやっぱり風情があって素敵です。
これであのケバケバシイ提灯がなければいいんですが…

その点、中院は提灯がなくて枝垂桜も美しいのでオススメです。
ライブカメラを見ると、もう咲いているようですね。

おととし見に行った時の中院の枝垂桜の写真です。

ただ、見ごろの頃は三脚を立てたオジサマたちがたくさんいるので、
撮影の邪魔をしないように避けながら動かなきゃいかんのがちょっと面倒です(ゴメンナサイ)。

中国茶とハーブティー

おとといは大学時代の友人が遠路はるばる川越まで来てくれて、
一緒にChaBou'sでランチしました。

二人とも中華粥と中国茶のセットを頼み、たっぷり2時間近くおしゃべりしました。
お茶は自分で注いで何杯でも飲めるので、ついつい飲みすぎてしまいます。
このお店、ランチとティーとディナーの3つに時間帯が分かれてて、
ディナーはなぜかイタリアン!その衝撃の事実に友達はウケてました。

なんども別の友達とランチしたり、結婚する前のデートに使ったりした
いわば思い出のお店なので、去年の結婚式の二次会はここでしてもらいました。
なのにいままで一度もティータイムには行った事がありません。
そのうち両方のお母さんと一緒に、珍しい中国茶を飲めたらいいなあ。
市役所のほうの二号店にも行ってみたいなあ。


そして昨日は、届いたハーブティーを飲んでみました。
レモンバーベナとカモミールを適当に混ぜて、茶漉に入れて、
マグカップにのっけて、熱湯を注いで蓋をして待つこと3分。
うーん、何というか花いっぱいの庭の匂い。
わたしはちっとも苦手じゃないんですが、夫はやっぱし無理みたいです。
そのまま飲んでも甘味がありましたが、試しにハチミツも入れてみたら
まろやかになって、それはそれで美味しかったです。

今日は柚子茶を混ぜてみました。…なぜか臭くなりました…。
明日は紅茶と混ぜてみようと思います。
あさっては温めた牛乳で…わたくし牛乳苦手ですがチャレンジする価値はありそうです。

後日談

先日のブログに書いた『知るを楽しむ・歴史に好奇心』、
期待通りではなかったものの、十二単の着付けの場面(結構端折られたけど)と
袖口のあたりの具合が見られてまあまあ良かったです。

それからハーブの件、『ハーブティー―おいしく飲んで美しく健康に』という本を買ってしまいました。
きれいな写真と分かりやすい文章で、57種類のハーブと192種類のブレンドが紹介されています。
昔母親にむりやり飲まされてた「ルイボスティー」も載っていました。なんと、不老長寿のお茶だそうでびっくり。

ここに載っていないハーブももちろんたくさんありますが、
それはもっと詳しくなってからおいおい勉強してけばいいだろうと思います。

で、ハーブを植えても結局虫が嫌で手摘み出来なそうなので、
手っ取り早く無農薬のハーブティーお試しセットを注文してみました。
本などを参考に、カモミールとジンジャーとレモンバーベナを選んでみましたが、
これ、全部混ぜたらどんな味なんだろう…いや普通にミルクや紅茶と混ぜて飲みます。

去年の夏は、緑茶でなく冷たい麦茶ばかり飲んでいて胃がちょっとおかしくなっちゃいました。
今年はその教訓から、体を温めて胃に優しいようなハーブティーを探そうかなと思います。

飼い犬に手を噛まれる

昨日私がグースカ昼寝をしている間に、夫がウチのワフー犬を散歩に連れてってくれました。

いつもは勤務時間によって私と一緒に行ったり、父親が行ったりしてるんですが、
昨日は綱に繋ぎかえるのも全部自分でやったそうです。
そうしたら帰ってきて繋ぎかえる時、手間取っていた旦那の手をワフーがガブリ。
軍手をしていたにもかかわらず手を2箇所負傷して、結構な出血だったそうです。

帰ってきた気配で起き、あらましを聞いてぞっとしました。
絆創膏を貼りながら、めくれてしまった皮膚や歯の刺さった跡に再びゾッ。

ちなみにワフーはちっとも反省してません。当たり前か。
信頼関係を築けてたと思ってた夫はそうとうショックだったようです。
いろんな意味でかわいそうでした。

川越行幸

今日広報を見て興奮しました。今月28日、なんとわが街川越に
天皇皇后両陛下が行幸啓になるのです!ワーワー!(ミーハー)
本川越まで電車で、ということはレッドアローの小江戸号にご乗車になるのでしょうか?
そして、スウェーデン国王王妃両陛下とご一緒に、
時の鐘や川越祭りの山車などをご見物になるそうです。

どうしよう、やっぱりご尊顔を拝する(というのも変な表現ですが)機会はめったにないだろうし、
でもものすごく混みそうだし、チャリも交通規制とかされちゃうのかな。
午後は喜多院にもお出ましになるそうで、あの辺りならそんなに混まないかしら。
境内の桜もそろそろ開く頃、ちょうどよい時季ですね。

川越にお越しになって、皇后陛下のお気持ちが少しでもすがしくなられて、
一日も早くお元気になられますように…。

ハーブか薬草か

このあいだ、『タッジー・マッジー』全三巻を読んで、
あーハーブっていいなー、とカブレてしまいました(すぐ影響を受ける)。
で、ハーブティーのネットショップをぼんやり見てましたら、
小学生の頃も一時期やっぱり何かの影響でハーブにはまってたのを思い出しました。

レモンバームの種を買ってもらって、大きくなったので葉っぱを摘んで
庭に干していたら風で全部飛んでしまった事とか。
ペパーミントがやたらはびこってしまった事とか。

あの頃はポプリも好きで、タンスに入れたりカゴに入れて飾ったりと
今思うと恥ずかしいぐらいオトメな事をやってました(そのくせ時代劇も好きだった)。
ポプリに虫が湧いて熱が冷めましたが。

ここ数年我が家では、ローズマリーとイタリアンパセリとルッコラとサルビアと…
確かそんな程度ですが母親が育ててるような…見たり食べたりした記憶がある。
そのままお庭の一角をハーブガーデンに、というのも悪くないですな。

ただ、日本の風土や日本人には在来種の薬草のほうが合っているのかなって気もします。
その辺のところもちょっと勉強したくなったので、ハーブと薬草、どっちの本を買おうかな、
と迷ってたら夫に「薬草って苦そうだよ~」と言われました。良い事言った!
確かにハーブティーより薬草茶のほうが味の敷居が高そうです……。

かさねいろめ

明日の『知るを楽しむ・歴史に好奇心』というNHK教育テレビの番組で、
平安時代の装束の重色目をとりあげるようです。
実際に十二単の着付けもする様なので、楽しみです。
どうせなら細長とかも着て欲しいなあ……

かさね色目。重色目も襲色目もどちらも、
絵を描くときは『かさねの色目―平安の配彩美』(これの京都書院版)
を参考にすることが多いんですが、残ってる文献で一番古くて平安末期のものだし、
もちろん文献に残ってない日常使いのもあったろうし、流行り廃りもあったろうから
あんまり厳密にきめたくありません。

って言い訳を用意しながら描いてます(^_^)

猫バトン☆

おだてともっこにゃのらねぇぜ!!』の、あさおさんに猫バトンを頂きました。
「猫バトン」
・これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに
 「にゃ」「にゃん」「にゃー」等をつけにゃくてはにゃらにゃい。
・「な、ぬ」も「にゃ、にゅ」にすること。
・一人称は必ず「我輩」にすること。
・日記の内容自体は普段書くようにゃ当たり障りのにゃいもので構わにゃい。
・日記の最後に5人!まわす人の名前を記入するのを忘れにゃいこと。
・既にやったことがある人でも回されたら何度でもやる事。

こ、これは……
我輩はいいかげんイイ年にゃので恥ずかしいのにゃ。と言いつつ結構楽しいのにゃ(^_^)

我輩、近況を述べるにゃ。
ここしばらく、息抜きにサイトをちょっといじったり漫画を読んだりするものの、
仕事人間に徹しておりますにゃ。平日は一日中引きこもり状態ですにゃ。
体の調子は万全とは言えにゃい。ちょっと痛い目にあったけど言わにゃい。
懸賞でお皿が5枚当たったにゃ。いらにゃいから母親にあげましたにゃ。

それからさっき、実家で本をしまおうとして父親の後ろを通ったら、
下にあった新聞を踏んでつるっとすべって腰をしたたか打ち付けてしまいましにゃ。
その拍子に親父の頭もぶったたいてしまって、えらい怒られましにゃ。
そんなところですにゃー。


バトンを回す人は…猫バトン面白そうだにゃ~とちょっとでも思っちゃった
そこのアナタだにゃ! これを見ちゃった時点で半強制にゃ。

春です

お外の空気がぼんやりしているので、
わたしもぼんやりしています。
いろいろやるべきことを忘れています。
季刊誌「みづゑ」で手づくり特集してたので、
手が開いたときに何か作ろうかとも思ったり。
でもそんな時間もなく、絵もまだ出来上がりません……
もう梅の時期が終わってしまいそうです。

************

壁紙・カードのダウンロードやコメント、いつもどうもありがとうございます!!
たぶん海外の方もダウンロードして下さってるようで、嬉しい限りです(^_^)

2007/03/01 I様 I'm very happy to receive your comment. Many thanks.

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。