スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなしばり

昨日の午前中、ちょっとだけ居眠りをしましたら、夢の中に以前の同僚が出てきました。
彼女は、私の血筋が怖いものをみてしまうことを指摘し、「あなたも見る」と発言。
言われたとたん目が覚めて、あ、来ると思ったら天井から半透明の茶色い厚い板みたいのがどーんと落ちてきて、もう動けなくなってました。それと同時に耳元で大音量のラジオみたいな音がワンワン言ってて、とにかく声を出そうと思って何度も何度も頑張ってやっと「うーー!」と声が出たら体も動けるようになってました。
体が疲れていたんだと思いますが、怖かったです(涙)

************
いつも壁紙ダウンロード・コメントどうもありがとうございます!

2006/09/24 S様 お久しぶりです~☆いつもブログ拝見してます、お仕事お疲れ様です。色々お選び下さってどうも有難うございます!とくに鹿のは切なさをお感じ頂けてすごく嬉しいです。また和歌のお話などしたいです。
2006/09/24 K様 冷えや静けさをお感じ下さってどうも有難うございます(^_^)あの絵の夜露は冷えた星の雫なのかもしれません☆
2006/09/25 M様 雀さん、きっとチュンって言ってます(^_^)好きと仰って頂けて嬉しいです。お使い下さりどうも有難うございます!
スポンサーサイト

インタビュー

TypePadブログデザインのインタビュー記事が載りました。

デザイナーに聞く、TypePadの新ブログデザイン

千鳥柄、と書いてありますが、浜千鳥て名前で提出したような…??(笑)
200文字程度でまとめて下さいとの事だったので、むりやり水増しして
196文字にしました。やっぱりA型です。

で、画像は切れてますが、右側に肝心の千鳥がいます……


サイトのXHTML化はあと少しで終わります。
ただ、各歌から索引頁へのリンクをやめて、歌の下に読み仮名を載せたほうがいいかな
とずーっと考えていたのを今こそやるいい機会かなと思ったり思わなかったり。
ううーん、選歌と文法と絵もやりたいし、数年ほっぽりっぱなしの伊勢物語双六もやらねば。
優先順位を決めるのって難しいです。

木を切る女

そんなこんなで、すさんでしまった心のはけ口として(ウソ)、
XHTML化のかたわらDS版「どうぶつの森」で村の整地作業に没頭してます。

ゲーム自体は去年の12月からやってますが、木は適当に生えたまま。
これを思い切って碁盤の目のように植え替えるべく、まずは村の地形図
(16マス×16マスが16区画)を方眼紙に書き起こしました。典型的なA型です。

そして地図で確認しながら木を斧で切り倒し、切り株を掘り起こして果物やお金やらを植えてます。

お金というのも不思議ですが、植えるとなぜか普通の木になります。
お店に並ぶ木の苗は数が限られており、いちどきにたくさん植えたいときは
100ベル(お金の単位)ずつ取り出してせっせと埋めてます。

元気な木を斧で切るのはちょっと罪悪感がありますが、
翌日、枯れずにちゃんと育った苗を見ると、心も和むってもんです。

本屋でガックリ

古の恋文(和歌)をえんぴつでなぞる、みたいな本が出てたのでざっと立ち読みしたんですが、


選歌が、本サイトの恋の和歌とか夢の和歌とか恋の絵とかと、結構ダブってるじゃないか。
まあ、著者と偶然好きな歌が似通ってたのかな、という気がしますが、
中務と信明との遣り取りの和歌が二組四首載ってたのにはちょっとカッとしました。
遣り取りの歌なんざ、もっと他にあるのに。よりによって同じの選ばないで下さい……

万一あの本で和歌に興味を持ってわがサイトに来た方がいらしたら、
私6年前からやってますのであの本の真似したわけじゃありませんよう!と強くうったえたいです。
でもそんなことわざわざサイト内に注意書きするのも変だし。
でも恋の和歌を追加した時に、あの本とかぶってたらいやだし。

そんなこんなでやりきれない思いで悶々としてます。
見なけりゃよかった……


************
いつも壁紙ダウンロード・コメントどうもありがとうございます!

2006/09/18 U様 目移りなんてそんな恐縮ですがとても嬉しいです(^_^)萩、使ってやって下さいませ☆

XHTML化

サイトをXHTML1.0化しようと思っていたものの、面倒くさそうでずっと手をつけずにおりました。
が、ここのところ絵の制作もうまくゆかないし、文法ページも頭が混乱してきたので、気分転換がてらポツポツ打ち直しはじめました。フリーのHTMLエディタもダウンロードし(Kaneto's HP様のHTML Project2というソフトです)、Another HTML-lint gateway様にてその都度チェックしながら頑張ってます。うーん、タダって素晴らしい。

XHTML1.1だとa要素でname属性が使えなくなっちゃうってんで、アンカーをidに変える(nameのほかにidもつける)作業をしているのですが、これが一番面倒くさいです。なにせ、idの最初の文字は数字じゃダメなんですね。nameをidに変え、なおかつ頭に英文字を付けなくてはいけないとは。気分転換のはずが、もうぐったりです……。タグって面倒くさい。

それからずっと欲しかった『古今和歌六帖』を、ついに古書店に注文してしまいました。
『秋篠月清集』も…と思ったものの、ポケットマネーに余裕がなかったのでこちらは諦めました。
古今六帖が絵の制作に刺激を与えてくれるかな。と期待を持ちつつ、配達されるのを首を長くして待ってます。

あとは、ゴールデンウィークに行った江戸東京博物館などが主催の「江戸文化歴史検定」にちょっと興味があります。それにもまして気になる「江戸犬つなよし」。江戸犬なのに青森出身…。

秋の歌

三日月の秋ほのめかす夕暮れは心に荻の風ぞこたふる (藤原良経)

西の空に三日月がかかる夕暮れ、秋の深まりを希う心に呼応するように、荻の上を通った風が吹いてきた。たぶんそんな歌意だと思います。秋の初めのような雰囲気ですし三日月なので、旧暦7月3日ですかね。

荻はススキに似たイネ科の植物。穂の開いた様子が手招きしているように見えることから、招くの古語「招き(をき)」が語源といわれています。和歌でも招く意にかけることがあります。この歌の場合はどうなんでしょ。

************
いつも壁紙ダウンロード・コメントどうもありがとうございます!

2006/09/05 M様 こちらこそいつもどうも有難うございます!
2006/09/07 K様 わわわ、いつも楽しみにして頂けてコメントも下さってホント嬉しいです(涙)次もお使い頂ける様に頑張ろうって気持ちが湧いてきました(^_^)
2006/09/09 ?様(お名前がなかったのでごめんなさい) 25万ヒットお祝い下さりどうも有難うございます!! 和紙のようとのお言葉すごく嬉しいです!
2006/09/09 ?様(お名前お読み出来なくてごめんなさい) 和歌大好きですか、お仲間ですね~☆すてきと仰って下さり有難うございます!
2006/09/13 M様 おお、どうもどうもです(^_^)職場で使ってくれて有難うね☆また遊びに来てね。今度は夕飯作ります(笑)

ということで

いつの間にかサイトが25万ヒットを迎えていました。
いつもご愛顧下さり本当にありがとうございます。
ということで(?)このブログに使っている秋萩の絵で、壁紙を作りました。

ダウンロードページ (ページの一番下が新作です)
一般的な壁紙サイズ(1024×768)ですが、もしご希望のサイズがあればコメント下さい。

萩は昔Illustratorで作った物の使いまわしで、その上にいろいろなフィルタをかけて遊んでます。
最近はマチエールというかテクスチャというか何と言うか、とにかく絵にガサガサっとした質感を出すブームが自分の中に到来してます。遅まきながらアナログ回帰でございます。気に入った質感が出るまでガサガサゴソゴソ。未だに「これだ!」という画面になりません。アナログ素材を取り込んでレイヤー掛けたほうが良いのかな?

川越でシマリス

あ行というか、「あ」だけですが枕詞の頁をUPできました。
だいぶ疲れました…。

色も、秋らしく変えてみましたがコントラストが弱いような気もします。
目に優しく、と色を薄くしてったら、逆に目に悪い感じになっちゃいました。

最近、我が家の裏手にシマリスが出没するようになりました。

ペットが逃げたんでしょうか。ニガウリの種とか落ちた柿とかスズメバチの屍骸とか(!)食べてます。可愛いのにものすごい嗜好です。
 

ちょうど、携帯を旦那さんと同じauに変えた日で、リスモのぬいぐるみをもらってきたところだったので、リアルリスに浅からぬ因縁を感じました。

************
いつも壁紙ダウンロード・コメントどうもありがとうございます!お返事が遅くなって申し訳ないです。

2006/08/25 K様 目に優しげとのお言葉とっても嬉しいです!壁紙はずっと表示されてますものね(^_^)
2006/09/02 K様 いつもありがとうございます!鹿が季節外れになる前に秋のもがんばって作ります。 

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。