スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の暮

ともかくもあなたまかせの年の暮 (一茶)

今年一年、本当に色々ありました。
祖父が亡くなって、会社を辞めて、親知らずを抜いて、そしてクリスマスの日に入籍。名前も住所も変わらないので全く実感が湧きませんが、ともかくも旦那さんまかせの年の暮です。まだ親戚にも連絡していないけどいいのかな。まあいいか、歳末だし。式は来春、桜の頃です。これからもっと忙しくなりそうです。
スポンサーサイト

クリスマスプレゼント

今年は、欲しかったニンテンドーDSおいでよ どうぶつの森をもらいました。

貝を拾ったり魚を釣ったり手紙を出したり家具をそろえたり(内実は家のローン返済に追われつつ)、のんびりとした森の生活を送る、というような内容です。現実と同じ時間軸で進めてゆくので、とくに慌てる事もなく、時間のあるときにちょこっと遊べます。ただ、結構な出費になってしまって彼には申し訳なかったです。

自分で洋服や壁紙などのデザインが出来たり、星座を作れたり、花の交配が出来たり、株式のようなしくみがあったり、化石の発掘が出来たりと、なにやらスキゴコロを突いてきます。なにより、森にすむ動物が個性豊かでいい味出してます。反応がかわいいので、意味もなく話しかけまくってます。今は冬で雪も降っているので、雪だるまも作ったりしてます。奥が深いです。

こたつ

思ふ人の側へ割込む炬燵かな (一茶)

学生の頃、飲み会でトイレに立って帰ってくると、私の席にちゃっかり男子が座っていて、隣のかわいい女の子としゃべってた、なんてことがありました。一茶も抜け目なく、好きな彼女の横に入り込んだんでしょうね。ほほえましい図です。

寒いこと寒いこと

ここのところ毎日寒いですねえ。今朝は洗濯機の水道が凍ってしまって、お昼になってようやく融けて洗濯ができました。我が家の犬の飲み水もカチカチに凍ってしまい、日が高くなっても融けないのでキューキュー鳴きながら催促していて、かわいそうでした。

よく、暑いのと寒いのとどっちがいい?と聞かれますが、私はそれでも寒いほうを選びます。寒けりゃたくさん着込めば暖かくなるけれど、暑いからって薄着になっても涼しくなりませんしね。寒いほうが頭もいくらかましに回転するように思いますし。

闇汁

闇汁の杓子を逃げしものや何 (虚子)

闇汁は闇鍋とも言います。真っ暗な中、みんなが思い思いに持ち寄った具を鍋に入れて煮込み、探りながら食べるという全員が罰ゲームみたいな鍋パーティー。闇鍋なんててっきり昭和にできたもんだと思ってたら、高浜虚子の時代にはすでにあったんですねえ。

それにしても、おたまから逃げてったモノは一体何だったんでしょうね…怖いですねえ。真相は藪ならぬ闇汁の中に。

寒さ

ずんずんとぼんの凹から寒さかな (一茶)

ぼんのくぼとは、首の後ろの中央のくぼんだところ(yahoo!辞書 大辞泉)。

昨日あたりからぐっと冷え込んできました。
着込んでいるのに寒い。布団にくるまっても寒い。
首の後ろから寒いってよく分かりますね。マフラーを巻くとだいぶ違います。

おととい、あまりに寒くて眠れないので使い捨てカイロを使うことにしました。まずお腹に貼りましたがお腹しか温かくならない。次に、太い血管の通るあたりを温めればいいんだと思って、ももに当ててしばらく待ってみましたが眠れない。で、昔歯医者さんが「背中の上のほうを暖めると風邪が治る」と言っていたのを思い出し、つらい体勢になりながら貼ってみましたら、これがもうすっごく暖かい。お蔭で何とか眠りにつけましたが、途中で熱くなって剥がしたらしく、朝目覚めたらなぜか右のももの下にあって、かるい低温ヤケドになっちゃいました。使い捨てカイロの注意書きにも、就寝時には使用するなと書かれていますし、あぶないので真似しないで下さい。

海暮れて鴨の声ほのかに白し (芭蕉)

鴨というと川とか池とかにいるイメージがありますが、芭蕉のこの句は海。海辺で一日過ごした時の句だそうです。夕暮れの浜辺で聞く鴨の声がほのかに白い……。声に冬の寒さを感じたのでしょうか、吐く息の白さを連想したのでしょうか。

葦辺ゆく鴨の羽がひに霜降りて寒き夕へは大和し思ほゆ (万葉集・志貴皇子)

こういった古歌も念頭にあったのかもしれないですね。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。